神秘の国|憧れのペルーへ旅行|初めての海外への旅を強力サポート

憧れのペルーへ旅行|初めての海外への旅を強力サポート

レディ

神秘の国

婦人

インドビザを取得するための方法

ビザは、日本語では査証と呼ばれるもので、国が自国民以外に対して、その人物が所持する旅券が有効であり、かつその人物が入国することに問題がないということを証明するための証書です。ほとんどの国のケースではビザが必要であり、一部のビザが免除されるケースを除けば、外国に入国する際には、このビザがないと入国を拒否されるのが一般的です。インドに入国する際にもビザが必要であり、インドビザを取得する必要があります。インドビザの発行は、その国の大使館や領事館などの在外公館で行われることになりますが、近年はインターネットから受付を行っている場合もあります。基本的にビザ申請の書式や記入は英語で行っているため、一定の英語の理解力が必要になります。

インドビザの種類と必要なケースについて

インドビザとひとつにいってもその渡航目的によっていくつかの種類があり、それぞれ目的に応じて取得する必要があります。インドビザの種類としては、観光、ビジネス、会議、雇用、ジャーナリスト、治療、治療付き添い、ミッショナリー、プロジェクト、エントリー、研究者、学生、乗り継ぎなどがあります。ビザ申請にはパスポート、写真と申請書が必要になりますが、申請書は英語で用意されているため、英語での記入が求められますし、大使館や領事館といった在外公館に赴く必要があります。そのため、取得申請代行を行っている業者もあり、業者を利用することでスムーズにビザ取得が行えますが、代行業者が行っているビザの種類は観光ビザなどに限られる場合があります。